理想的な腸内環境へ
お腹の中から綺麗を作るサプリの選び方

理想的な腸内環境へ

理想の腸内環境の作り方をまとめています。腸内環境の乱れが引き起こす症状や、改善するための方法、菌の違いなどを詳しくご紹介しています。腸内環境を整えたい、とお考えの方は、まずこちらをご覧ください。

腸内環境が悪いとなにがダメなの?良くするには

腸内環境が悪いとなにがダメなの?良くするには

腸内環境は、腸内に存在する悪玉菌が増加することによって乱れてしまいます。腸内環境が乱れることにより、腸本来が持つ機能が低下し、体全体に不調を与えてしまいます。

腸は食べたものを消化・吸収するだけでなく、合成や代謝、解毒、造血、排泄、免疫など、様々な働きを持ちます。

腸の機能を低下させないためにも、善玉菌を増やすことが必要となってきますが、ただ善玉菌を体内に取り入れるのではなく、元々自分の腸内にいる善玉菌をサポートすることが重要です。

善玉菌をサポートするには、「食物繊維」、「オリゴ糖」、「乳酸菌」が非常に効果的とされているので、これらを積極的に摂取するようにしましょう。

腸内環境を良くする方法は、以下のページで詳しくご紹介しております。

毎日食べたい腸内環境を整える食べ物3選

毎日食べたい腸内環境を整える食べ物3選

善玉菌を増やして腸内環境を整えるのならば、日頃の食生活を見直してみましょう。善玉菌を増やすのに効果的な「食物繊維」、「オリゴ糖」、「乳酸菌」は、以下のような食べ物から摂ることができます。

食物繊維が豊富な食べ物
いも類、きくらげ類など
オリゴ糖が豊富な食べ物
ヤーコン、きな粉など
乳酸菌が豊富な食べ物
ヨーグルト、チーズなど

これらの食材の正しい摂り方や、1日の摂取目安量など、詳しくまとめたページをご用意しましたので、ぜひ参考にしてください。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いを知って効果的に摂取を!

ビフィズス菌と乳酸菌の違いを知って効果的に摂取を!

ビフィズス菌と乳酸菌の違いを大きく分けて比較すると、以下の通りです。

ビフィズス菌 乳酸菌
働き 乳酸・酢酸を作る 乳酸を作る
棲息場所 動物の腸内 牛乳などの乳製品、動物の腸内、漬け物などの発酵食品
善玉菌との関係 善玉菌の約99%がビフィズス菌 善玉菌の約0.1%が乳酸菌で、その他の善玉菌をサポートする

最も大きな違いは、ビフィズス菌が善玉菌のほとんどを占めるのに対し、乳酸菌は善玉菌のほんの一部で、腸内では周囲の善玉菌をサポートする役割を果たす、という点です。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いは、以下のページでさらに詳しくご説明しております。

簡単!腸内環境を自分でチェックする方法とは

簡単!腸内環境を自分でチェックする方法とは

腸内環境は、便を観察する、検査キットを使用する、などの方法で、簡単にセルフチェックすることができます。

自分でチェックするのであれば、便の「色・ニオイ」を観察しましょう。悪玉菌が増えている便を見極めるポイントや、腸内環境が良い便と分かるポイントがありますよ。

また、検査キットを使うのも良い手段です。病院で行う腸内環境の検査よりも精度は落ちてしまいますが、自分の腸内環境を、キチンと数値で知ることができます。

腸内環境をチェックする詳しい方法は、以下にまとめています。

ページのトップへ