ビフィズス菌と乳酸菌の違いを知って効果的に摂取を!
お腹の中から綺麗を作るサプリの選び方

ビフィズス菌と乳酸菌の違いを知って効果的に摂取を!

ビフィズス菌と乳酸菌の違いや、効果的な摂り方を紹介しています。ビフィズス菌と乳酸菌は、いずれも腸内環境を整えるのに良いというイメージがありますが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いって?

ビフィズス菌と乳酸菌の違いって?

ビフィズス菌と乳酸菌は、いずれも腸内環境を整えるのに良いというイメージがありますが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。以下にその違いをまとめてみます。

ビフィズス菌 乳酸菌
働き 乳酸・酢酸を作る 乳酸を作る
棲息場所 動物の腸内 牛乳などの乳製品、動物の腸内、漬け物などの発酵食品
善玉菌との関係 善玉菌の約99%がビフィズス菌 善玉菌の約0.1%が乳酸菌で、その他の善玉菌をサポートする
酸素存在下での発育 しない する
大量の酢酸 産生する 産生しない

最も大きな違いは、ビフィズス菌が善玉菌のほとんどを占めるのに対し、乳酸菌は善玉菌のほんの一部で、腸内では周囲の善玉菌をサポートする役割を果たすという点です。また、ビフィズス菌も乳酸菌も糖を分解してエネルギーを生み出す物質である乳酸を作りますが、ビフィズス菌はその他に殺菌力の強い酢酸を作り出す働きがあるため、腸内をクリーンに保つのにも役立っています。

乳酸菌よりビフィズス菌が大切な3つの理由

乳酸菌よりビフィズス菌が大切な3つの理由

人の腸内にもっとも多く住んでいる

大腸の善玉菌である、ビフィズス菌と乳酸菌の割合は、99.9%がビフィズス菌で、0.1%が乳酸菌ということは前述しましたが、つまり、腸内フローラの中心的な存在であるのがビフィズス菌であり、悪玉菌の増殖・定着を防いで感染を予防したり、有害な物質を体外へ排出する手助けをしたり、善玉菌の主な働きというのは、ほとんどがこのビフィズス菌によって行われているということになります。善玉菌優勢の状態にするためには、ビフィズス菌を積極的に補給してあげましょう。

酢酸を作ることができる

また、ビフィズス菌は腸内で「酢酸」を作ることができるという点において、同じ善玉菌として知られる乳酸菌よりも優れています。酢酸は強い殺菌力を持ち、腸の粘膜を保護する働きや、悪玉菌の放出する毒素を無害化する働きなども持っています。

ちなみに、酢酸を多く含む食材として「酢」が挙げられますが、お酢を飲んでも胃や小腸で吸収されてしまうため、腸内細菌がいる大腸にまでは届きません。大腸を酢酸で保護し、腸内環境を整えるには、酢酸を作り出してくれるビフィズス菌を増やすことがもっとも有効な方法と言えます。

年齢と共に減ってしまう

生まれて間もないときから人間の腸内に存在するビフィズス菌は、乳児の時に最も多くなり、加齢とともに減少し続けて、高齢者では極めて少なくなります。もちろん加齢による減少だけでなく、乱れた食生活や日頃の運動不足など、毎日の生活の中で起こるさまざまな理由によって減ってしまう可能性があります。腸内にいるビフィズス菌を増やすこと、ビフィズス菌を外から摂り入れることで、いつまでも若く健康な腸を保ちましょう。

ビフィズス菌を摂るベストなタイミング

ビフィズス菌を摂るベストなタイミング

腸内で善玉菌として大活躍してくれるビフィズス菌ですが、口から摂取したビフィズス菌は短くて数日、長くて数ヶ月腸内に滞在した後に、出て行ってしまいます。しかし、このビフィズス菌の出入りによって、腸内にもともと棲息する腸内細菌の働きが活性化されるため、定期的に摂り続けるのがいいと言われているのです。

また、ビフィズス菌を摂るタイミングは食後がベストです。というのは、生きた状態のビフィズス菌を腸内に届けたい場合、できるだけ胃酸にさらされるリスクを減らすべきだからです。空腹時には非常に強い胃酸が分泌されるため、胃の中に食べ物が入った後、胃酸の働きが弱まったタイミングを狙うといいでしょう。

ビフィズス菌は死菌の状態で腸内に届いたとしても腸内細菌の活性化には役立ちますが、ビフィズス菌自体のより活発な働きを望むなら、生きた状態で腸内に届けたいところですよね。そのため、生きたビフィズス菌を摂る場合は、できるだけ胃酸が少ないタイミングで摂るようにしましょう。

ビフィズス菌とオリゴ糖の関係

ビフィズス菌とオリゴ糖の関係

ビフィズス菌を主成分とするサプリメントにオリゴ糖が配合されているものがありますが、これにはワケがあります。ビフィズス菌とオリゴ糖を一緒に摂ると、腸内に無事届いたビフィズス菌はオリゴ糖を栄養として摂取することで、より活発に働いてくれるためです。

また、オリゴ糖はすでに腸内に棲息するビフィズス菌が増殖するためのエサとしての働きもしてくれるため、善玉菌優勢の状態を作るのに役立ち、腸内フローラを整えて、腸をキレイに保ってくれるというわけですね。

オリゴ糖は、バナナやごぼう、玉ねぎ、ハチミツ、大豆、納豆などにも含まれ、食事から摂ることも可能ですが、一度の食事で摂取できる量はあまり多くありません。そのため、サプリで補完するか、あるいはお砂糖の代わりに市販のオリゴ糖を使うようにするといいでしょう。

オリゴ糖は、腸内環境の改善にひと役買ってくれるだけでなく、カロリーも砂糖の約半分です。ビフィズス菌入りのヨーグルトにオリゴ糖をかけて、朝食で乳酸菌とオリゴ糖を一緒に摂るのもおすすめです。

ページのトップへ